弊社独自のeポートフォリオ

お客様のご要望に沿ってeポートフォリオをスクラッチで開発します.

eラーニングシステムの場合,必要な機能は共通しており,各機能の動作仕様も類似している場合が多いため,システムをパッケージとして提供するこができます.

一方,eポートフォリオの場合,各大学・各組織によって必要とされる機能が異なり,また各機能の動作仕様も組織に依って異なる場合が多いため,システムは各機関独自のものとなる傾向にあります.

そのため,弊社では各機関のご要望をお聞きした上で,各機関に最適なeポートフォリオを開発致します.

ただ,全てをゼロから開発するとコスト高になりますので,下記のeポートフォリオを基本パッケージとして利用し,それをカスタマイズすることで各機関に最適なeポートフォリオをご提供します.

  • ロールモデル型eポートフォリオ
    ロールモデル(目指すべき人材像)とコンピテンシーを比較することで,自分の優れているところ,足りないところを可視化し,次の学びへと繋げていく仕組みです.
  • ルーブリック型eポートフォリオ
    コンピテンシールーブリックを組み込んだeポートフォリオです.組織として共通のコンピテンシーを用いる場合に加え,個人が独自にルーブリックを定義することも可能です.
  • 汎用型eポートフォリオ
    ポートフォリオサイクル(Collect -> Reflect -> Design -> Publish)を管理するための仕組みです.
  • 外部連携型eポートフォリオ
    facebookやSlackなど,外部のSNSやチャットと連携することで,幅広い学びのリソースをeポートフォリオで一元管理することができます.